読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空と海の間にキミ

ごゆっくりどうぞ。 Twitter→@yk_ktari

渋谷すばる ソロ LIVE TOUR 2016 歌


渋谷すばるソロLIVE TOUR 2016 歌 Zepp Diver city 3月18日公演 に行ってきました。


ちなみに去年はまだFCに入っていなかったのでライブには行っていません。初めてのソロライブでした。
でも前の趣味のおかげで箱ライブは慣れてましたし、むしろ大好きです。その頃は東京ドームなんて広い場所で、距離も遠いし、何が楽しいんだろうなんて思ってましたけど、全く別物の楽しみ方ですねこれは。ドームと箱ライブの違い…これはまた今度書きたいな、なんて今思いました。


セットリスト
1.スローバラード
2.マンピーのG★スポット
3.ファンキーモンキーベイベー
4.乗っかりトレイン
5.宇宙に行ったライオン
6.words
7.記憶
<<MC>>
8.元気を出して
9.∞SAKAおばちゃんROCK
11.First love
13.君がいない
14.言葉にできない
15.オモイダマ「歌」ver.
<<アンコール>>
1.あ
3.メンバー紹介


記憶力皆無なのでこのセトリは拾ってきました(すみません)。
これ以降の内容も全て合っているという訳ではないです。あくまで私の記憶の中から頑張って掘り起こしたものなのでニュアンスでお願いします。



まず始まる前からエンターテイナーでした。幸せなら手を叩こうが流れ、すばるくんの歌なわけでもなんでもないですが、会場が揃って手を叩いたり、足を鳴らしたり、肩を叩いたりしてました。始まる前から会場を楽しませるって、凄すぎる…。


そして会場は暗転。歓喜の声が湧き上がる。一気に客が前へと押し寄せる。すばるくんが出てきても暗いしわたしの背は低いしでよく見えない!いつでてきた!そして流れたのは「スローバラード」でした。アルバム曲いきなりきました。CD聴きながら、この曲はテンポが掴みづらくて上手くノれなさそうだなぁなんて思っていたのですが、確かにノリずらかった。だからしみじみと聞いてました。CDと同じはずなのに、CDにはない、ライブハウス特有の心臓に来る感じが堪りませんでした。歌声に心臓一突きにされる感じ。声量がハンパないから、スピーカーから流れる音が重たい。この感じ本当に好きだ…。って思いました。

それからマンピーのG☆SPOT、ファンキーモンキーベイベーとアルバム順に3曲。私は前半の3つがアルバムの中でも特に大好きだったので、いきなり飛ばしすぎ!!!なんて焦りましたけど(笑)「ベイベー!」って叫ぶの凄い楽しい。拳を挙げて振って叫んで飛んで。ライブハウスの醍醐味すぎる。

ここからソロ曲と関ジャニ∞の曲!
「乗っかりトレイン」「宇宙に行ったライオン」「wards」
宇宙に行ったライオンは去年も確かやっていました…?そんな記憶があるのですが(入ってませんが)。今年もやるかなぁなんて緩く思っていたらやってくれました。ありがとう!
遠くへ、遠くへと客に言わせてマイク向けて、さいごの「(とお)くへ」から歌いだす感じとてもたまらないです。赤い血管をぐるぐるにして全身全霊で歌声という名の遠吠えを叫んでいました。wardsを歌うすばるくんは、さっきとは一転とても楽しそうに笑顔に歌っていました。clap your hands!でみんなで手を叩くのも本当に楽しい。

そしてMC前最後は、去年初のソロCDを出した「記憶」。これはあちらこちらで涙を流す方がいらっしゃいました。やっぱりこれは思い出深い曲ですね。心に染み渡りました。


MCに入る時、さっきまでの大声量の歌声はどこ行ったんだってくらい小さい声で「どうも〜」って感じで話してて一気に可愛かった。テレビでは「うわぁおっちゃんになったな〜」なんて思ってたけど実際に見たら随分と幼く見えました(笑)なんでだろう。すばる!って言われたら「すばるだよぉ」てまた弱々しい声で話してました。

順番はよく覚えていないのでMC内容をバラバラに。↓

前の方に見つけた男の子「おのゆうや」17歳をターゲットにしてお話ししてました。あまりレポを見ていないので分からないですが、別公演でも1人の男の子に名前聞いて話してたみたいですね!恒例なのでしょうか?楽しくなっちゃったかな?すばるくん?
す「好きな人おらんの?」
おのゆうや「別れました!」
す「別れた!?」
おのゆうや「ミスドに呼び出されて…」
す「ミスドて(ミスドのイントネーションがバリ関西)!あの甘ったるいところでフラれたんか」
おのゆうや「好きな人ができたって言われた」
す「好きな人…それはしゃあないな…。ポンデリングも食べられへんな」
おのゆうやさんの別れ話を聞いてあげるすばるくんでした。

す「俺変態やで」
おのゆうや「俺の方が変態!」
す「なんで俺17歳と変態で競い合ってんねん!」
最終的には、
す「ええよ。お前の方が変態で」
って譲っていました(笑)

具合が悪くなったのかライブ会場を後にする前の方の人をみて
す「またきてね〜」
箱ライブでの前の方は激戦区です。本当に。慣れてない人はコロッと死にます。

10代から順々に年齢を聞いていくすばるくん。
60代が1人いて驚いてました。
す「いつだったかな、70代がおったけど、あれ嘘やったんかな…」
疑心暗鬼になるすばるくん。ライブハウスに60代、70代とは凄い体力です。。。でも私、昔入ったライブに80代がいたことがありました(笑)

す「皆どこから来たん?関東の人ー」
客「はーい!」(←私はここ)
す「おー。遠くから来た人ー」
客「オーストラリア!」
す「オーストラリア?嘘やろ?バリバリ日本人やんけ」
客「本当は長野!」
す「しばくぞ」
嘘をつくのはよくないです(・_・|

客「抱いて!」
す「抱いて?抱くだけならええけど。気持ちもなんもないで。射精するだけ。そんなんTENGAと一緒や。ちょっとぬくいTENGAやん。20秒チンしたくらいの」
男「抱いて!」
す「それお前に言われる?いや、まだ俺女しか無理やわ」
まだ…?

客「脇毛見せて!」
す「脇毛見せるもんじゃない。俺が見せたい時に見せる」
客「脇毛投げて!」
す「投げて?!キショイわぁそういうの(笑)そういうとこオタクって気持ち悪いと思う。そこまでいくと。気をつけたほうがええで…(笑)」
客「乳首投げて!」
す「乳首?脇毛ならまぁ抜けるからまだしも、乳首投げて?舐めるやなくて?今日今までで1番ひどい!」

こんな感じの酷くド下(安定)のMCでした〜。


じゃあやりますか〜、と切り替えてイスに座ったまま始まりました。イスに座られると後ろは余計に小さくなって見えなくて困るんですけどね…!(小声)
元気を出してはしみじみとバラードでした。スタンドマイクをちょこんと持って歌ってました。

す「次の曲は皆さんにリズムを取ってもらいたいんですけども。大きな役目ですよ。関ジャニ∞の古い曲やりまーす」
って言って手拍子の練習。その間すばるくんは休憩時間って感じでゆったりぼーっとしてました。客席から「歌ってー!」って声が上がるほど長かった(笑)
そして始まったおばろく!古い!!途中は楽器もなしで私たちの手拍子だけで歌ったり、楽しんでました(笑)

sweetmemoriesもMステの時のようにイスに座って。さっきと同じく。優しい笑顔でした。後ろのコーラス隊のうまさも尋常じゃないですね。生!すごい!

First loveは、流石この歌で数多くの女を落としてきただけあるな、、、といった感じ。コロッと落とされました。

ここら辺で椅子やめて立ち上がったかな…。
まさかのアルバム曲、スペアキー。元気が出るLIVEでも歌わなかったスペアキーをまさかソロで聴けるとは…。恋が終わった。

君がいないから、言葉にできない、とアルバム曲の中でもしっとりとした2曲を歌いあげました。前半飛ばしまくってからの後半ゆったり重くといった感じですね!

あっという間の最後の曲は、オモイダマ「歌」ver.。このアレンジ大好きです。
「オモイダマ 今空へ駆け上った
(ため)
それはあの太陽より眩しかった そして大粒の長い雨になった
(ため)
そこに希望の花が咲き誇ったから」
このため感が好き。(間違ってたらどうしよう)この時間、すばるくんは何を考えているんだろう。
7人のときは、Aメロは歌詞の途中で次の人が次の歌詞を歌いますが、1人なので短くしてますよね。コーラスの方とも息がぴったりです。
たぶん最後の「それはあの太陽より眩しかった」のあたりでバン!と大きく後ろに歌ロゴが現れました。あの演出かっこよかった!!
ただ、「限界超え見えた扉敗れ今〜」のところ個人的に大大大好きなのでそこがないのは(息継ぎ大変だから仕方ないけど)ちょっと寂しいですね。(お客さんと交互に歌う演出でもいいかも←)
でも一体となってラララを歌うのは気持ちがよかったです。

そしてすばるくんは捌けてすばるコール!
すばるくんが出てくると歓声が沸き起こりました。裸で登場して、ステージの上で関ジャニ∞の文字のTシャツを着ていました。なんてカッコいいんだ!関ジャニ∞渋谷すばるは!

「ちょっと皆さんに、言いたいことがあります」と言って歌い出したのは「あ」。
たくさんありがとうを伝えてくれて、こっちからもたくさんありがとうって伝えました。
「あーりーがとう!ありーがとう!」ってずっと客が言ってるんだけどすばるくんはなかなか進めてくれなくて、音程に合わせて「もっと〜♪」とか歌ってたのがかわいかった。「こちらこそありがとう」ってぼそっといってたのも可愛かったです。
17日の公演では、安田くんが大声で「あーを歌ったって聞きました。レンジャーにも書いてありましたけど、どんな感じだったんだろう。やすばすぎる…!!!


「去年の今頃、俺はオランダっていう場所に行って、デカい外人に囲まれてビビりながらライブしました。そこで、まわりの外人総立ちにさせた曲やります!piano man
と言って始まったpiano manもとってもカッコ良かったです。


最後は渋谷すばるバンドのメンバー紹介!
各楽器に合わせてすばるくんがノリノリに踊る?ノッてる?からそっちばっか見ちゃいそうになりましたけども、奏者さんみんなレベル高いしカッコいいしで本当素敵な人に囲まれたな渋谷すばるは、と。素敵なバンドの皆さんが生み出した「歌」というアルバムは本当に凄いなぁ…。
各楽器の時間が凄く長くて、今までわたしが見てきたライブの奏者紹介の中でも群を抜いて時間を使っていて、しっかり紹介してました!!素敵!!
最後のコーラス隊の紹介のときは、コーラス隊の3人が前に出てきて、すばるくんと一緒にアカペラでオモイダマを歌っていました。すばるくんだけぴょこんと小さいのが可愛すぎました。でも誰よりも存在感の強い声を出してるのもその小さいおっさんでした。コーラスとっても綺麗でした。


最後に全員で手を繋いでありがとう!と言って終わり!最後の最後、捌ける直前、ステージにすばるくんしかいない中、すばるくんはマイクを手にして、「俺はミュージシャンでも俳優でもない。ジャニーズの関ジャニ∞っていうグループが最強だぞコラァ!」と言い捨てて捌けていきました。本当にかっこよかった。痺れました。これが私たちの信じてきた渋谷すばるだなぁ。彼のソロでの活動は全てが関ジャニ∞のため。あくまでも関ジャニ∞としてやってきていることであって、関ジャニ∞がなければ彼はきっとこんなことはやらないんだろう。それはまた別の道かもしれないけれど。
すばるくんの生きがいが関ジャニ∞で、そんな彼らが私たちの生きがいになってる。ありがとう。私はこれからも関ジャニ∞についていきます。


これにて、不完全は承知ですが、ソロコンレポを終わらせて頂きます。




…安田担のくせに2連続すばるくんの記事ですみません。やすばが好きなんです。CC2可愛かったね。次は2ヶ月遅いけどTalking Rockの感想を書きたいです。遅すぎますね。やめようかな。うん。